秘密結社鷹の爪の垢団

TOHOシネマズをホームグラウンドに映画を年に100本以上観まくります。

この際、相対性理論は無視だ『インターステラー』☆☆

f:id:mucci:20141130010650j:plain

いわゆるサイファイというか、何か終盤、予定調和のような御都合主義なところもありましたが、なんか胸を打つものがあったような…こういう世代をまたぐとか、人類の未来のために、みたいな話は、あまり得意ではないのだけど…日本人だったら、滅びを受け入れよう的になるんじゃないかな。