秘密結社鷹の爪の垢団

TOHOシネマズをホームグラウンドに映画を年に100本以上観まくります。

マシンの身体『ロボコップ(2014)』☆+ 2018年247作目

昔のものをアップデートされた映像技術でリメイク・リブートした作品。
チュィーン、チュィーンというアクチュエータ音がロボロボ感でレトロフューチャー
自家用車に仕掛けられた爆弾で全身を著しく損傷した刑事アレックス・マーフィーは機械と融合する手術の候補者となりロボコップとして再生した。
任務遂行のために感情を抑える処置を施された彼の中で高まるわだかまり
ヒドくアメリカ臭い。ドキュメンタリー番組風にやるとことか。犯罪とか家族とか絡めるとことか。
生身の身体を失った人間の悲哀…そか、アメリカ版仮面ライダーなんだな。特に今回はバイク乗るし。
昔の作品と比べると随分スタイリッシュ。
前作では2008年に時代設定されてたのだけど、リメイクしてる間に公開日の方が未来になっちゃったからか?本作の舞台は2028年。


f:id:mucci:20180818065807j:image