秘密結社鷹の爪の垢団

TOHOシネマズをホームグラウンドに映画を年に100本以上観まくります。

一線の先『フラットライナーズ』☆☆ 2018年122作目

臨死体験の実証実験を試みた医学生たちの周囲で起きる不思議な出来事。学んだことや身に付けたことがクリアになったり、過去の過ちに基づく幻覚のようなものに襲われたり…
臨死体験は知らんけど、眠ってる時に見る夢は、刺激や記憶の欠片の寄せ集めを脳が辻褄合わせしようとして作り上げた幻想だと思う。
自分の生に執着がなくなると、過去や他人のことばかり考えるのかもしれない。
自責の念に駆られてとか、責任を取るために生きるのを辞めますとかは無意味だと思う。
一線…フラットライン…心停止の先にあった罪悪感と赦し。
ホラーというよりSFヒューマンドラマだな


f:id:mucci:20180505065626j:image