秘密結社鷹の爪の垢団

TOHOシネマズをホームグラウンドに映画を年に100本以上観まくります。

もしも…したら『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』☆


f:id:mucci:20170818192250j:image
 

上映が始まる前から、案の定、「下から見ても、横から見ても、同じじゃね?」という男子がいる(のムの)こういうこと言うのは大概、男だ。
私はタイトルは知っているが、原作を読んでないし、ドラマも観ていない。
なるほど夢のような美しい世界ではある。だけどなにか違う。まだ社会はよく知らない中学生の純粋な幻想かもしれない。
タイムリープなら『時をかける少女』の方が素直に楽しめると思うし、夢の中でしか繋がれないなら『君の名は。』の方が、まだ分かりやすいだろう。花がらみとか男の子感なら『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の方が切ない。
なずなは何処にでも居て、何処にも居ないかもしれない夏に消えてしまう女の子。彼に「いつか」連れ合いが出来た時、夢のような初恋の経験から現実を生きられるかもしれない。綺麗なだけでは良くない世界で。

人によって見方が違っても、それは当たり前にあり得ることだと思う。

それにしても、独り善がりな映画だな。と思った。