読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秘密結社鷹の爪の垢団

TOHOシネマズをホームグラウンドに映画を年に100本以上観まくります。

DNAが全てなのか?『プラチナデータ』☆☆+ 2013年43作目

f:id:mucci:20130316154607j:plain

全国民のDNAと容疑者のDNAと照合し犯人を特定するシステム
全国の防犯カメラの映像から瞬時に犯人の居場所を特定するシステム。
連続殺人犯のDNAと一致したのは、システムを開発した天才科学者本人だった…そこに隠された真実とは?
まるでCIAモノのようだが、ハリウッドならアクションで客を引く所、これはドラマで引き込む。
ストーリーのトリックは予想通りだったが、満足行く秀作だった。
二宮和也の天才科学者ぶり
豊川悦司の捜査一課の敏腕主任ぶり
生瀬勝久の三枚目でない堅い捜査官ぶり
全て素晴らしかった。
しかし、このシステムはSFでなくて、その気になれば既に実用化出来るのじゃないか?