秘密結社鷹の爪の垢団

TOHOシネマズをホームグラウンドに映画を年に100本以上観まくります。

そろそろ今年のベスト10をと

今年観た映画の振り返りを、ボチボチとしてみて、ベスト10候補ノミネートが21本。これから公開ので気になるのが5,6本去年公開で、再度見直したのだけど『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『シン・ゴジラ』は、私的特別賞確定

序の口『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』☆+

ご自慢のアトラスガンダムは前半で壊しちゃうし、肝心のサイコザクは最後まで陰しか見えないし。 アッグガイやGMの活躍や、そこかしこに『ファースト』ファンを惹き付ける餌のような画面演出が散りばめられていて、それはそれで良いけど。 お話としては、新…

男臭い『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』☆☆

ロボットものなのに、ガンダムなのに、この生々しい、匂いのする感じ 心に触られた感じでなくて、どこか皮膚感覚のある感じ ジャズなBGMが聴覚を刺激するからか?でも、どこか嗅覚的な、脳の旧皮質を刺激するというか、キナ臭い感じ

サザビーは何処かしら『機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影』☆

なんだか、『Ζ』から『逆シャア』の宇宙世紀のガンダム好きな人が、持ってる知識を継ぎ接ぎして作ったファンフィルムという印象が否めないな。 赤いザクⅢとか、NT-1とGP-01とMk-Ⅱをミックスビルドしたようなガンダムと、アルパアジールもどきに、ガザシリー…

次の週末公開の気になる映画 2017年11月第4週

『gifted ギフテッド』『ジャスティス・リーグ』『火花』

ニヤリ『ローガン・ラッキー』☆+

脱獄とか爆弾とか現金強奪とか、相当に派手なアクションかと思えば、ホームドラマありの社会風刺ありの周到な知能犯だし、思わずニヤリとほくそ笑んでしまう群像劇「オーシャンズ・セブン-イレブン」

雷様『マイティ・ソー バトルロイヤル』☆+

怖いお姉さんにハンマーを壊されたソーさんのコミカルな大活躍 次のアベンジャーズ作品に続くって感じで しかし、なんで「バトルロイヤル」なんて邦題サブタイになってるのかね?元のまま「ラグナロク」で良かったのに 浅野忠信さん…ヤラれキャラでしたね…無…

旧世紀臭い『GODZILLA 怪獣惑星』☆+

「母なる大地」とか「人類の未来」とか「次の世代の反映」とか…なんかいちいち時代がかって、レトロフューチャーというか古臭いんだよなぁ。 映像や音響は、躍動感、重厚感あったけど… そして、圧倒的な質量と破壊力を以て立ち上がるゴジラ。 人類にはミニラ…

次の週末公開の気になる映画 2017年11月第3週

『GODZILLA 怪獣惑星』『不都合な真実2 放置された地球』『ローガン・ラッキー』『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』

好きになったかも『ミックス。』☆☆

笑うつもりで選んだのに、じーんと来た(笑)

ミゾミゾします『ザ・サークル』☆☆+

ネットの力に空恐ろしくてゾワゾワするが、面白かった。 『サマーウォーズ』や『東のエデン』をハリウッド仕掛けのサスペンスにしたというか。 エマ・ワトソンの演じる意志の強い勇敢なヒロインがいいなぁ。 トム・ハンクス演じるCEOの胡散臭さが半端ない。 …

痛快『アトミック・ブロンド』☆☆

派手なスパイ・アクションと、幾重にもなったストーリー堪能しました。 だけど重苦しくなく、むしろテンポの良いシーンも多く(劇伴やキャプションの演出によるところもありますが)。 女スパイと言われると、どうしても、アンジェリーナ・ジョリーの『ソル…

息を呑む世界観『ブレードランナー 2049』☆☆+

呼吸を止めて見入ってしまったというか。物凄く没入感のある映画でした。前作の世界と地続きな未来なのだ。というか、年号こそ2049ですが、前作から35年経った今、目にしている世界というか。 捻りに捻られたストーリーは重厚で、予想を覆し、期待を裏切らず…

全編にわたり感動で身震い『ドリーム』☆☆☆

優秀な黒人女性が、白人男性優位の社会で、負けずに逞しく働き実績を上げる…という言い方が、小さくて恥ずかしい気がしてしまう。 全編にわたり、身震いが止まらなかった。 今年ベストというか、ここ数年でベストと言いたい。

次の週末公開の気になる映画 2017年11月第2週

『ザ・サークル』 エマ・ワトソンとトム・ハンクス主演『ジグソウ ソウ・レガシー』 『ソウ』シリーズのファンではないけど

狂おしいほどの孤高『スティーブ・ジョブズ』☆☆

同僚との、そして娘との確執と和解。 やたら怒鳴り合ったり、いがみ合ったり、脅迫じみた支持を出したり… 何故、そんなに敵を作るようなことをする?何故、わざと嫌われたいのかというような行動をする? 一途に目指したい高みがあったのか。彼は時代を牽引…

AIの感情『エクス・マキナ』☆☆

山奥の別荘で密やかに隔離されて実施されているAI搭載のアンドロイドの実験。 果たして、AIの思考は知能なのか?プログラムなのか? AIは人を愛せるのか?愛せないのか?この状況から逃げ出すために愛しているフリをしているのか? エヴァ"AVA"の行動に突き…

この世界『世界から猫が消えたなら』☆☆

脳腫瘍の末期と診断され余命幾許もないと知らされた青年。 自分が死んでも、世界は何一つ変わらず続いていくのだろう。 自分そっくりの顔の男に、この世界から何かを消すことで一日生きながらえる「悪魔」の契約を持ちかけられる。消えるものは選べない。 電…

意識と生と死『チャッピー』☆☆

『第9地区』の監督が描くロボットに芽生えた意識の話。生と死を扱っているのにポップでクール

安『キングコング:髑髏島の巨神』☆

へ?何?このチープでマッチョな映画…

次の週末公開の気になる映画 2017年11月第1週

『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』 『マイティ・ソー バトルロイヤル』『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』

沁みるねぇ『続・深夜食堂』☆☆

人が深夜食堂と呼ぶ、めしやとそのマスターの周りで起こる日常と出来事。 短篇のオムニバスですが、地味に沁みます。いい味です。 嬉しくても哀しくても、お腹が減る。

空中元素固定装置『CUTIE HONEY -TEARS-』☆+

なんか、話の作りも映像も安く感じてしまうのはなんでだろ?クライマックスの展開も読めちゃうし。 実写版ならサトエリ版の方が好きかな。 原作漫画や初めのアニメの刷り込みが激しい人間には、リメイクは味が足らないのかもしれないね。

道のり『私に会うまでの1600キロ』☆+

メキシコからカナダまで、長い長いPCT(パシフィッククレストトレイル)に挑むシェリル。 アルコール依存症で暴力を振るう父、若くして病気で亡くなる母、自分の薬物やセックスへの依存。 長距離を歩いているうちに、解けていく過去の記憶、想い。 探してるの…

次の週末公開の気になる映画 2017年10月第4週

『ブレードランナー 2049』『先生! 、、、好きになってもいいですか?』『彼女がその名を知らない鳥たち』

脱出行『ノー・エスケープ 自由への国境』☆+

メキシコからアメリカに密入国しようとする青年たちと、「狩り」と称して彼等を射殺しようとする老人。 ゲームではないリアル脱出。ま、映画ですけど。実際にそういう出来事が国境では起きてるのだろうな

スマホの中の秘事『おとなの事情』☆☆

男女の親友たちが皆既月食の夜に会食し、親友同士だから隠し事はないだろうと、テーブルの上にスマホを出して、届いたメールや通話をみんなに公開するゲームを始める。 そこから露わになる、各人の家庭の事情、個人の事情。 初めは浮気の申し開きなつもりだ…

暗がりの向こう『3月のライオン 後編』☆+

前編を劇場で観て、後編を観に行けてなかったのだけど。 前編の剥き出しの刃のような緊張感と違って、分厚いヒューマンドラマだったように思う。

僕は機械だ『キカイダー REBOOT』☆+

1970年代の特撮ヒーローを今の映像技術でリブートした作品。 上手く、小綺麗に出来上がってるけど、なんか、ちょっと違うような… 石ノ森章太郎作品の悲哀のような感じに欠けるというか、映像的には上手く出来てると思うのだけど、なんかこう、50代の人が、お…

転身!『破裏拳ポリマー』☆☆

1970年代の日本と上海辺りの中国を混ぜたような半ば無国籍な画作り。 変身ヒーローものの定石に則った話作り。 平成ライダーを手掛ける、監督やスタッフの特撮ヒーローのアクション。 上手く行った実写化だと思う。 「この世に悪がある限り、正義の怒りが俺…